Yo Blog

カメラとドライブが趣味のSEが書く雑記ブログ

【Salesforce 認定 Platform デベロッパー対策 #01】自動化について

スポンサーリンク

Salesforce 認定 Platform デベロッパー試験を受験することになったので、勉強のため、このブログでアウトプットしながら情報を整理します。
2018年10月時点での情報を纏めています。
最新のバージョンと違いがあるかもしれないので、あらかじめご了承ください。

自動化については、出題されるとのことです。 プロセスビルダーとワークフローの違いについて整理します。

プロセスビルダー

プロセスを作成する場合、プロセスビルダーを使用します。

プロセスビルダーのポイント

  • 特定の条件が満たされた時にアクションを実行できる
  • 実行できるアクション
    • レコードの作成・更新
    • Chatterに投稿
    • メールアラート(メール送信)
    • クイックアクション
    • 承認申請
    • フロー(自動起動フローを起動)
    • Apex(Apexメソッドの呼び出し)
  • 複数条件が設定できる
  • 各条件とアクションの関連付けができる
  • スケジュール済みアクションを作成できる
  • バージョン管理ができる(最大50バージョン)

商談が成立した場合、ケースにレコードを作成するということができます。

プロセスビルダーの制限事項

ガバナ制限の対象になります。

制限事項については、以下を参考。

help.salesforce.com

ワークフローとの違い

同じような機能であるワークフローとの違いを整理します。

  • ワークフローと比べ、プロセスビルダーはどのようなレコードでも作成・更新ができる
  • プロセスビルダーには、「Chatterに投稿」や「承認申請」などのアクションがある
  • 実行順序を設定でいないワークフローと比べ、プロセスビルダーではアクション実行の評価順序を指定できる
    • ワークフローとプロセスビルダーを両方とも使用する場合は、レコード変更の結果を各事実には予測できない
  • プロセスビルダーは、すべての関連レコードの項目にアクセスできる。ワークフローでは、レコードの親の項目を参照できる。

プロセスビルダーには未来があります。 ワークフローは拡張されません。ワークフロールールの使用はサポートされ、今後もサポートされ続けます。しかし、ワークフローの使用事例の新機能はすべて、プロセスビルダーで実現します。光り輝く新機能を使用することをお望みの場合は、自動化をプロセスビルダーに移行してください。

とのことです。
引用:ワークフローからプロセスビルダーへの移行 単元 | Salesforce Trailhead

ワークフロー

プロセスビルダー同様にビジネスプロセスを自動化する

  • オブジェクト・評価条件・ルール条件を設定できる
  • タイミングを指定できる
    • ルール適用時(レコードがルール条件に合致したら、保存時に実行される)
    • 時間ベース(タイムトリガによって動作する。レコード保存時にワークフロールール条件を満たすとキューに入り待機状態になる。タイムトリガで指定したタイミングで実行される)
  • 適用できるアクション
    • ToDoの割当
    • メールアラート(メール送信)
    • 項目値の更新
    • アウトバウンドSOAPメッセージの送信

プロセスビルダーには、「アウトバウンドSOAPメッセージの送信」がない。
そのかわり、「Apexコール」にてアウトバウンドメッセージを作成できる。

自動起動フロー(フロー)

複雑なビジネスプロセスを自動化する レコードの作成・レコードの検索等が自動で実行・検証できるフローを作成できる。

プロセスビルダーで、実行タイミングのルールを指定し、ルールに合致した場合に作成したフローを実行できる。
これにより、特定の条件時にレコード作成等が行えるようになる。
例えば、「商談が成立した場合に、特定のオブジェクトのレコードを作成する」「商談の項目を編集すると、紐づくレコードを作成する」など

Cloud Flow Designer

フローを作成できるポイント & クリックツール

trailhead.salesforce.com

Visual Workflow

すでに廃止。